泉中央・学園の森保育園

  • アクセス
  • 見学希望の方はこちら

TEL : 022-343-0801

企業主導型保育事業について

アクセス

企業主導型保育事業について

泉中央・学園の森保育園は、内閣府が主導する『企業主導型保育事業』に則って運営している認可外保育園です。
位置づけとしては認可外保育施設ですが、内閣府が所管しているため認可保育施設と同等水準の充実した施設設備・運営基準が定められており、かつ国から運営費・整備費の助成金が支給されるため認可保育園並みの保育料でご利用いただけるのが特徴です。
当園の経営母体である株式会社bringと提携の企業様は、お勤めの方への福利厚生としてもご利用いただける上に、登録企業利用枠での優先的な入園が可能です。
詳細は当園までご相談ください。担当者よりご説明させていただきます。

企業主導型保育園とは?

企業主導型保育園とは?

『企業主導型保育園』とは、企業が従業員の子供を預かるために設置した保育施設のことを指します。単刀直入に表現すると、企業(会社)が運営する保育園です。
内閣府が平成28年度から始めた取り組みで、待機児童解消をはかり、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、仕事と子育ての両立に資することを目的としたものです。

企業主導型保育園の魅力

企業主導型保育園の魅力的なポイントには以下のようなものがあります。
いろいろな働き方に対応した保育サービスが受けられたり、認可保育園並みの料金で利用できるといった様々なメリットがあります。

働き方に応じた柔軟な保育サービス

企業主導型保育園とは読んで字の如く「会社が運営する保育園」です。仕事と子育ての両立ができるように企業がつくった保育施設なので、就労形態に合わせた託児など働くための柔軟な保育サービスの提供ができます。

認可保育施設と同等水準の充実した保育環境

企業主導型保育園を開園するには、国が定めた認可保育園並の厳正な基準をクリアしなければ認められません。当園は、職員数・設備面などに於いて一定の基準を満たしているので、安心してご利用いただけます。

認可保育施設並みの保育料

企業主導型保育園は、国から運営費・整備費などの助成を受けておりますので、認可保育園並の保育サービスを同等の料金で受けることができます。

自治体を通さず申し込みができる

認可保育園は自治体の「保育の必要性」の認定が必要で、短時間勤務などの理由で保育認定を受けられない場合には利用ができません。しかし企業主導型保育園では、企業と利用者との直接契約であるため、就労要件などを満たせば保育認定がない場合でもご利用いただけます。

認可保育園と企業主導型保育園の違い

認可保育園と企業主導型保育園・認可外保育園運営設置基準の違いについて、表を用いて分かりやすくご説明いたします。企業主導型保育園は認可外保育園に分類されますが、独自の基準がありますので別枠にて比較いたします。

 認可保育園企業主導型保育園認可外保育園泉中央・学園の森保育園
設置者自治体民間企業、個人民間企業、個人株式会社bring
月額保育料所得により異なる2万~7万円位3万~10万円以上1万~4万円
保育士比率100%50%以上
無資格者は子育て支援員
30%以上100%
定員19名に対し保育従事者を10名配置
看護師の配置必須必須ではない必須ではない常勤1名配置
入園時期4月空きがあればいつでも可能空きがあればいつでも可能空きがあればいつでも可能
※満員時は予約も可能
入園方法役所への申し込み後、抽選先着順、または申込順
※保育園により異なる
先着順、または申込順
※保育園により異なる
空きがあれば見学共にいつでも可能